講演・クリニック、関西・四国ラウンドを終えて

2017年7月28日

IBLのTatsumi Nishidaです。

この秋、人生初の試み「講演・クリニック行脚」を行いました。

そしてその第一弾は「関西・四国ラウンド」です。

私は2003年から、お金もない、人脈もない、英語も出来ないところから日本のバスケット界を世界基準にしたいという思いから、「目指せ世界基準 Make a Dream ! Get a Dream !」をテーマにただひたすら上を目指してきました。

私自身JBLを出たわけでもナショナルチームを経験したわけではありません。
周りからは「お前がNBA~?無理無理」て言われそうですが、日本のバスケット界の誰かが「NBAなんかに負けるか!」て挑戦してくれた過去があったり、医学的に「日本人がNBA選手は無理だね」という文献があったわけではありませんでした。
ただそれぞれの経験だけで、「無理」と思われてただけでした。
だから挑戦を始めました。
答え探しの旅です。
しかしそれは、単にNBAやNCAAを学ぶのではなく、日本人がNBAに入る為には何が必要なのかを探す旅です。

日本人の可能性を求める旅です。

そして今年、その旅に一つの区切りがつきました。

日本人がNBA選手に成れない理由が分かりました。
それとアメリカのバスケット界も進化し続けてることも知りました。
だからそれを聞きたい方々に伝えたくて行脚しました。

International Basketball League(アメリカのプロリーグ)を通して
Nippon Tornadoes(世界を目指すチーム活動/4年)を通して
Coach Tornadoes(世界を目指すコーチ研修会/6年)を通して
Tornadoes Jr.(世界を目指すジュニア育成/3年)を通して

見てきた、感じてきた日本とアメリカの違い、そして日本が世界を目指すためにはどうしたらいいのかを分かり易く説明させてもらったり、クリニックを通して体感してもらいました。
そこに参加いただいた指導者、選手の皆さんは輝いてました、凄く輝いてました。
だから改めて日本人の可能性を確信しました。

多くの皆さんと最高の時間を過ごさせていただきました。

これからもこの行脚続けて行きます。
良い出会いを求めて。

世界基準創りのお手伝いをしながら。

IMG_1326.jpg

大阪にて勉強熱心な指導者の方々と

写真 関西-四国ラウンド 018.jpg
徳島の小学校の皆さんと

写真 関西-四国ラウンド 026.jpg

写真 関西-四国ラウンド 022.jpg
愛媛県松山市の小学校の皆さんと
写真 関西-四国ラウンド 056.jpg
写真 関西-四国ラウンド 058.jpg
写真 関西-四国ラウンド 050.jpg

愛媛県宇和島市の中学校の皆さん

ここで全ての皆さんを詳細にご紹介できませんが、参加いただいた皆さん全てが熱心な方々でした。

エネルギーいただきました!

また会いましょう!

Tatsumi Nishida