西田と行くアメリカコーチ研修会とは?

今年度もやりますCoach Tornadoes(アメリカコーチ研修会)!!!

でも~ バスケットばっかりじゃありません。
ナイキ本社見たり、スターバックス本社見たりします。
う~ん それとアメリカの家庭の様子や、ジュニア育成の場、そして高校&大学の環境など。

肌で感じていただきます。
西田の説明&解説を交えて。

バスケットのコーチ研修会と聞くとバスケットの指導についての勉強が中心と思われるかもしれません。

しかし、私の創る研修会は違います。
バスケットの指導を職にできるには、それなりの環境があってのこと、コーチになる前にビジネスのマネージメントを知ってもらう必要があると考えます。
ナイキがスポンサーになってくれるといいなあ~!
〇〇大学や高校に就職してバスケットの指導したいな~!
プロの指導者になってプロコーチになりたいな~!
って大抵の人からそんな言葉を聞きますが、プロとしてお金をもらうことは、そのお金を作ってくれてる人がいるってこと。
それを先に学んでももらいたくて、知ってもらいたくてこの研修会はあります。
無から有を生み出す。大変な事です。
それはコート場でもコート外でも同じこと。
オンザコートで指揮をとる指導者は、しっかりしたチームマネージメントができないと行けません。
それもその人の哲学の上に成り立ちます。
だからそんな事をスポーツマネージメントが進んでるアメリカから、バスケットを通して学び、感じてもらいます。
バスケットのスタイルは何式でも良いと思います。
それより大事なのは、自分が置かれた環境を最大限に活かすことができるかという事です。
アメリカ式もヨーロッパ式もアルゼンチン式も、その環境を活かして、更に必要な物や事をクリエイトした結果だと思います。
私は多くの指導者には、環境を活かしてクリエイトする事を実践し、自分式のバスケット指導法を確立して欲しいと思ってます。
そしてそのお手伝いをさせてもらいたいと思います。
世界に一つだけの花となるお手伝いです(*´∀`*)
みなさん!「私はバスケットの指導者になりたい」て考える前に「私はプロの指導者を雇えるようになりたい」て考えてくれる人が一人でも増えてくれる方が、日本のバスケット界はもっともっとよくなりますよ!
Tatsumi Nishida
http://dream7-japan.com/c-tornadoes.html(アメリカコーチ研修会案内)