【国際部】 2016 Summer Tornado活動 参加者 Rei Imamura

| コメント(0) | トラックバック(0)
今村怜(Rei Imamura)選手

この夏、国際部、西田の引退に伴い、新しく就任した広瀬コーチ(愛媛出身・大阪在住)の初仕事が、今村選手のサポート
広瀬コーチ、美味しいご飯食べさせてあげて下さいな!
そしてシアトルでのトレーニングサポート、よろしくお願いします。
それからアリゾナへのお見送りも!


今村選手は、昨夏の渡米時に、アメリカで活躍中の日本人コーチからの紹介を受け、アリゾナにひとっ飛び!
そしてアリゾナウエスタン大学のヘッドコーチと面会しスキルテストなどを受け合格。
帰国後TOEFLのテストを受けて、この夏、見事! 学校入学、チーム合流の為に本日渡米する事になりました。
(写真中央)

13647136_10154116271739724_346324384_o.jpg
バスケット 出来ればアメリカでプレーしたい!
高校からの渡米も考えたが、それは断念。
そして熊本の高校に通いながらも、自分の夢を叶える為に、眠たい時でもコツコツトレーニング。

だからと言ってそう簡単にアメリカの大学が見つかるはずもない。
だって日本に居るから。
アメリカのコーチに知ってもらう方法もないから。

だから、彼女はまず高校のバスケットを3年生の夏に引退し、自分で探す事からスタート。
それも手探りで。

そんな彼女の思いと行動に、傍で見てたコーチ達も動いた。

その結果、前々から彼女を知っているそのコーチが、アリゾナウエスタンのヘッドコーチに彼女のスキル動画を送ってくれていて、それが大きなきっかけとなり繋がった。

思い続けた結果「縁」が繋がった。

しかもヘッドコーチのコーチPatは、インディアンの血を受け継ぐ、面倒見の良いコーチ。
まるでお父さん!
右も左も分からない今村選手にとっては、ピンポイントながら最高の出会いを引きあてた感がある。

ほんとに、それはまるで、彼女の強い思いに、突き動かされた大人が動いたミラクルだと思う。


彼女の得意なプレーは、相手との間合いを外すチェンジオブペース。
先日参加した3×3の熊本予選では優勝し本戦へ
結果は予選負けでしたが、彼女のチェンジオブペースはキレまくってました。
しかも初参戦した3ポイントコンテストでは、おしくも優勝を逃しましたが、出場した中でワンハンドは彼女だけ、しかもボールのリリースは優勝した選手を含め、誰も寄せ付けない速さでした。

彼女のそんなポイントは、日本のその大会でもクローズアップはされてませんが、役割がはっきりしていて、監督が指示するフォーメーションを如何に遂行出来るかというアメリカンスタイルのバスケットには合ったのだと思われる。


2016年7月30日 熊本のコーチ3名、そしてお母さんに見送られ出発!
不安もあるだろうけど、希望の方が勝ってる。

さあ 次の夢に向かって思いを貫け!
みんなで応援しているよ!

トルネードアカデミーコーチ陣より

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dream7-japan.com/mt/mt-tb.cgi/259

コメントする

このブログ記事について

このページは、dream7-japanが2016年7月30日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 【国際部】 トルネード活動 2016 Summer 」です。

次のブログ記事は「【国際部】 2016 Summer Tornado活動 参加者 Honoka Ikematsu」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ