Tornadoes活動は安心なシアトルがベースです

毎年2月がコーチトルネード(Coach Tornadoes)、3月がトルネードジュニア(Tornadoes Jr.)、そして5月~7月がトルネード(Tornadoes)の活動を行ってます。
そのベースがシアトルです。

LAに比べると、今はNBAのチームもないし、ちょっとバスケットのキャンプ地としては?と思われる方も多いと思います。
でもブランドンロイ、ネイトロビンソン、ジャマールクロフォードを含め、現在も多くのNBA現役選手を排出しています。

しかもそれ以上に日本人が安心してシアトルでキャンプを行える理由が、治安と街の住みやすさです。
実は、日本人のバスケット選手がアメリカに足を踏み入れる一番最初の街は、シアトルがベストかも?

まずは安心とその環境が大事ですね。

下記記事はアメリカ人の意見です。

http://blog.seattlepi.com/thebigblog/2012/09/27/seattle-is-better-than-all-of-these-cities-says-ranking/

記事内容
「全米で最高の都市」ランキングでシアトルが2位

Businessweek.com が先日発表した「全米で最高の都市」ランキングで、シアトルが2位になっている。シアトルは「アメリカのコーヒーとパーソナル・コンピューティングの精神的故郷」で、「雨が多い代わりに、住民は高い平均収入、美しい海沿いの立地、澄んだ空気を満喫している」「パイク・プレース・マーケットで魚を投げられない人のために、Microsoft 社や Boeing 社が豊富な職を提供している」と評されている。1位はサンフランシスコで、3位以下はワシントン DC、ボストン、ポートランド、デンバー、ニューヨーク、オースティン、サンディエゴ、ミネソタ州セントポールとなっている。
(ジャングルシティドットコムより記事抜粋)