Nippon Tornadoesの最近のブログ記事

SAMU(阿部理)選手 in U.S.A

| コメント(0) | トラックバック(0)
2012年 Nippon Tornadoesの戦士、SAMU(阿部理)選手がTornado Jr.でもお世話になっている、BCA(ベルビューチルドレンズアカデミー)とバスケットボール教室を開かれます。

以下詳細のご紹介です。

SAMU選手がんばれーーーーー^^

サムさん.jpg

バスケットボールシーズンの到来です。
各地で、プロリーグが開幕しました。

トルネード活動に参加された、選手、コーチも各地で活躍されています。
応援しています!!!!


伊藤ジョーダン邦茂(2014年トルネード活動)

ABA Kitsap

10553425_747910461946174_1364237837537225584_n.jpg


伴晃生(2014年トルネード活動)

IBL Bellingham Slam

983730_433195596823159_5636558562164087343_n.jpg


小野寺龍太郎(2013Nippon Tornadoes HC)
 bj バンビシャス奈良 HC

408415_493490960720357_292353659_n.jpg




塩野竜太(2013年 Nippon Tornadoes AC)

WJBL アイシンAW AC

塩野竜太(3).jpg



片岡大晴(2013Nippon Tornadoes)

NBL レバンガ北海道

IMG_3186.JPG



早川大史(2013年 Nippon Tornadoes)

NBDL レノヴァ鹿児島

IMG_3215.JPG



久山智志(2013年 Nippon Tornadoes)

bj 横浜ビー・コルセアーズ

IMG_3189.JPG




原毅人(2013年 Nippon Tornadoes)

bj 埼玉ブロンコス

960043_493490990720354_445590536_n.jpg



佐々木瑛(2013年 Nippon Tornadoes)

NBDL パスラボ山形ワイヴァンズ

933922_493491024053684_967972319_n.jpg




俊野達彦(2013年 Nippon Tornadoes)

bj 信州ブレイブウォリアーズ

IMG_3213.JPG



金澤 篤志(2012年 Tornadoes活動)

NBDL パスラボ山形ワイヴァンズ HC

Tornadoes Vol 4 Canada and Playoff 245.jpg

※写真左




飯島康夫(2012年 Nippon Tornadoes)

NBL 和歌山トライアンズ

ヤス01.JPG



藤高宗一郎(2012年 Nippon Tornadoes)

NBL 日立サンロッカーズ東京

Tornadoes Vol 4 Yamhill 704-thumb-200x150-315.jpg

※写真 真中22



並里成(2011年 トルネード活動)

bj 琉球ゴールデンキングス

Tornadoes2011 208.jpg



小林大起(2010年 トルネード活動)

bj 群馬クレインサンダーズ

動画(トルネードNo2_12日目) 001.jpg

※写真一番右



冨山晋司(2009年 Nippon Tornadoes AC)

NBL トヨタ自動車アルバルク AC

2009-06-08 JBA Game 1 080-b.jpg



中島健太(2009年 Nippon Tornadoes)

bj チャレンジリーグ 広島サン・スターズ(広島プロバスケットボール株式会社)代表

CIMG1040a.jpg



田村大輔(2009年 Nippon Tornadoes)

NBL 兵庫ストークス
2009-06-08 JBA Game 1 016-b.jpg



奥本友人(2009年 Nippon Tornadoes)

bj 大分ヒートデビルズ

Okumoto.gif



仲摩匠平(2009年 Nippon Tornadoes)

NBL 広島ドラゴンフライズ

CIMG1825_convert_20090516121322.jpg



福田幹也(2009年 Nippon Tornadoes)

bj チャレンジリーグ 広島サン・スターズ

Fukuda.gif



河相智志(2009年 Nippon Tornadoes)

bj 島根スサノオマジック

2009-06-08 JBA Game 2 074-b-thumb-300x199-333.jpg

今年のTornado活動は一味違います!

第一弾は「Road to NBA Kosei Ban」

NBAをめざしアメリカに挑戦中のKosei Ban選手
Ban選手が所属するBellingham Slamが昨年・一昨年に続き、2014年IBLシーズンのチャンピオンとなりました。
image1.jpg

image13.jpg
3ピートを成し遂げたこのチームは、チームディフェンスの強さ、ゲーム駆け引きの素晴らしさ、個々の選手がチームのために何をすればいいのか常に考えているチームです。
従って、Ban選手にとってだけでなく、日本人全ての人にとって、アメリカのチームであっても、個(選手)の能力が高いだけで勝つのではなく、例え白人選手(一般的に黒人選手より身体能力が低いと言われている)が多くても、個の特徴を知り、それが輪(チーム)にどのように活かされると、強いチームになるのかを見本としてくれる、すご~く勉強になるチームです。

一般的に言われる、ヨーロッパ式、日本式、アメリカ式などの「~式」によってカテゴリー分けする考え方ではなく、勝つ為にしなければいけない、考えなければいけない事は
、どこの国に行っても同じだという事を証明してくれている事にもなります。

アメリカのNCAAディビジョン1や2に入れない日本人選手が、アメリカで「チームとは何か」を学ぶとしたら、このBellinghamというチームは、日本にも地理的に近い(シアトル~北へ1時間半)最高のクラブチームだと思います。
個に目が行きがちなアメリカで、このようなチームゲームに徹するバスケットを学べたことは、NBAへ・・・と夢を持つBan選手にとっては、大きな収穫になったに違いありません。

Dream 7 Japanが行うトルネード活動は、このように選手やコーチがステップアップできる為の環境創造も常に続けてます。



そしてその創造の第二弾は!
「The 
Seattle」

Tornado活動の拠点Seattle
Seattle Pro Am Summer League中心に、シントン州最大のリーグPuget Sound Basketball League等、現地でのバスケットボールリーグへの参加
Jasen Baskett Coach Skill TrainingTim Mason Conditioning Trainingで個人スキルUP
世界基準のトレーニングと実践で試す環境を作ります。
詳しくは、こちら!

秋へ向けても、新企画計画中です!
乞うご期待

Dream 7 Japan

トルネード活動2014 参加者募集

トルネード活動2014 参加者募集

The Seattle

トルネードの活動の拠点はシアトルです。
日本人の団体が、継続的に体型的に、コーチ、ジュニア、プロアマ選手の研修及びキャンプをここ10年近く行ってます。
お陰さまで、続けてきたことにより、地元の新聞やテレビ局にも活動の紹介をしていただいてます。
ご覧下さい


またトルネードの活動を通して、元全日本の阿部理選手もシアトルをベースに、NBAへの挑戦を続けられてます。
そんな阿部さんを日本のテレビ局が取材されました。

そしてこの中には、我々トルネード活動でお世話になってるEmerald City Basketball Academyやカイロプラクターのコバタ先生、そしてコンディショニングコーチのTimトレーナーも取材に応じてくれてますので、動画にて、トルネード活動の様子を感じてもらえるとます。

更に、NBAの6マンことジャマール・クロフォード選手もこの中でインタビューに答えてくれてます。

(情報提供:阿部理 サムさん)

このように、シアトルをベースに、この10年活動を続けてきたことで、遠い存在だと思っていたNBA選手達でさえも、我々の存在を知ってくれてます。
日本では無名だった我々の活動ですが、志を高く、一歩一歩、目的をもって続けてきた結果だと思います。

という事で今年は、こんなシアトルのご縁から、トルネード活動はSeattle Pro Am Summer Leagueに参加します。

Seattle Pro Am Summer Leagueは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、昨年までは、Jamal Crawford Pro Am Summer Leagueという名前で開催され、今年から、名前を変更しました。
30年近く続く、地元のサマーリーグを守る為に、ジャマール選手がサポートをし続け、今年から、名前がSeattleとなります。
それはもちろん!「NBAのチームをシアトルにもう一度」という願いも込めて。
なんともシックスマンアワードを受賞するジャマール選手らしい話です(´∀`)

活動内容

【期間】      7月3日~8月末日 (この期間で2週間以上滞在可能な方)

【リーグ開催日】  7月第一土日~8月最終土日

【募集人数】    6名(最低人数) ~ 12名(最高人数)

【参加費】     30,000円(申し込み・手配費込)

【滞在費】     50,000円/30日  90,000円/60日  
          ※食費は別途 30日以内の方は、個別にメールにて、ご相談下さい

【燃料費】     15,000円/30日

【その他の費用】  LAフィットネス会費 約30ドル/1ヶ月 個人的なトレーニングに最適です

【参加資格】    Nippon Tornadoes経験者 
          プロ選手(bj/NBL/NBDLなど) 
          プロを目指す選手(要審査) 

【参加方法】    Seattle Pro Am Summer Leagueに所属するチームへ1名~2名ずつ参加します
          ※チーム事情により参加できない場合もあります。あらかじめご了承下さい

【別途企画】    サマーリーグのCEOラシャードさんより、NBA選手を含めた地元のプロ選手達とのワークアウトも企画されてます

          ※ご注意 
           試合出場やワークアウト参加については、チーム監督や、ワークアウトのコーディネイターの指示にしたがっていただきます。
           従って、今回の企画は、必ずしもゲームに出たり、ワークアウトに参加できることを保証するものではありません。
           予めご理解の上、ご参加下さい。
           機会は用意されました。ポジションはご自身でゲットしましょう!

【申込み期限】   6月20日(リーグ期間中 欠員が出た場合は、申込期限関係なく、参加可能な場合もあります)

【お申し込み・お問い合わせ先】 info@dream7-japan.com


Seattle Pro Am Summer Leagueのまとめ役 ラシャード・パウエルさん
https://www.facebook.com/theseattleproam
image.jpeg


Seattle滞在中のお薦めトレーニング&ケア

Jasen Baskett Coach Skill Training (8月のみ) 
500ドル/1ヶ月(週2回~3回) 料金目安
体格差(身長・パワーなど)、体力差(ジャンプ力・瞬発力など)を克服するスキルコーチング。
中でもシュートフォーム作りでは、彼独自で開発されたユニークな方法で多くのシューターを輩出しました。
アメリカでも珍しく、育て上げることを目的として、D1やNBAからのオファーも断り、ひたすら地元シアトル、そしてポートランドで1000名近い生徒を指導しています。
彼の指導哲学によって、センターSpencer Hawes、 シューターJason Terry、ガードIsiah ThomasなどのNBA選手も誕生してます
〈写真〉
IMG_3043.jpeg IMG_3158.jpeg
〈動画〉https://www.youtube.com/watch?v=La9yC6d2cKk

Tim Mason Conditioning Training (7月・8月可能)
 500ドル/1ヶ月(週2回~3回) 料金目安
本来身体の持つバランス、そこに秘められた強さを引き出し、怪我をしない身体を作ることが結果強い体を作ることになる。
そんな考えで指導されるTimコーチが行うコンディショニングトレーニングには、ネイトロビンソンも、ケビンデュラントも根をあげます(´∀`)
しかし、不思議、トレーニングで疲れるはずの身体が、なぜか疲れがたまりにくくなる(Dr.Kobata談)
それが、体本来の特徴を引き出したTimトレーニングの特徴です。
〈写真 VTR〉https://www.youtube.com/watch?v=UHGDV2nuF7g
3370_400335396702581_84069954_n.jpg 548068_400335310035923_1266721244_n.jpg
〈動画〉https://www.youtube.com/watch?v=m5hLSOVDxNY

Dr.Kobata 
100ドル/1ヶ月 初診料100ドル
日本人のカイロプラクターシアトルで開業され、約15年。
これまで、シアトルを中心に多くのプロアスリートのケアをされてきてます。
「カイロは治す事を目的とするのではなく、体のパフォーマンスを向上させる」が先生のモットーで、常に、トルネード選手の身体の調整をしていただいてます。
食事やトレーニングなどで、
〈写真〉
20140210_210211.jpg 20140210_202133_2.jpg

シアトルの仲間で行うワークアウトの様子
シアトルでトレーニングを続けてきたSAMUこと、阿部理選手とジャマールクロフォード選手です
Tornadoes Vol4 JC Summer League 029.JPG


主催:Dream 7 Japan トルネード活動事業部 
サポート:オフィス Nishida
現地時間 4月25日19時 Kosei Ban選手所属のBellingham Slam ホームでの第一戦
International Basketball League(通称IBL)で、3連覇をかけたシーズンがスタートしました。

相手は、シアトルフライト 昨年からIBLに参加してるチームで、非常に高い得点能力をもった選手が多い。
そのフライトを93点の抑え、スラムは142点。
攻守にバランスがとれたチームらしい結果が出ました。

そんな中、Kosei選手は、フィールドゴールが3/4 3ポイントが1/1 フリースロー1/1。
チャンスをしっかりと形にしてると言えるんじゃないでしょうか?

若干20歳。
でも常に上を目指す彼の精神年齢は、自分の年齢の遥か上。
そんな彼だからこそ、緊張の第一戦であっても、初めての海外チーム所属であっても、こんな成績をたたき出せるんじゃないだろうか?

チームスタッツ
http://www.bellinghamslam.com/stats/4-25-14boxscore.html

レポート Tatsumi Nishida
4月16日の渡米し、Bellingham Slamのチーム練習に合流し、Roster入りを目指していたKosei Ban選手が、とうとうRoster入りを果たしました!
International Basketball Leagueにおいて、ここ2年連続優勝のチームのRosterに選ばれました。
本日Kip Leonetti GMより、連絡があり、チームの公式ホームページでも、正式に発表されましたので、お知らせします。

〈詳細はこちら〉
http://www.bellinghamslam.com/news/4-21-14.html

今シーズンのゲームは、4月25日からスタート、チームの3連覇と同時に、今年はKosei選手がこのチームでどこまで活躍できるのか、それも見ものです。

Bellingham Slamには、NCAAディビジョンⅡの全米優勝したウエスターンワシントン大学からも多数選手が参加している上に、前監督でチームオーナーがNBAで活躍するルークリトナー選手のお父さんという事で、Kosei選手の、経験力やスキル力をアップさせる為には、十分恵まれた環境だと言えます。

特にここは、IBLの中でも、群を抜いてチームディフェンスやチームオフェンスの制度が高いチームなので、個人スキルが、チーム戦略にどのように必要になるのか、非常に勉強になるチームです。

ここで、20歳のKosei選手が、アメリカのバスケットの慣れ、この数年でIBLのMVPを獲得するのを目標とし、それが実現出来れば、NBADLへのステージにも可能性が出てくるでしょう。

NBAを目指し、一歩一歩。
まずはやってみよう!階段を一歩一歩。

アメリカの高校や大学を卒業したわけではない彼が、18歳からNippon Tornadoesに2年連続参戦し、その功績を認められ、Bellinghamに。
夢のある話です(´∀`)

追伸:
もちろん、このIBLシーズン終了後は、NBADLへの挑戦も視野に入れてます。

レポート:Tatsumi Nishida
2014年のNippon Tornadoesは、International Basketball Leagueへの参加を見送る事にしました。

理由は、Nippon Tornadoesの生みの親であり、Dream 7 Japan活動の創始者であるTatsumi Nishida氏からこの2月に、International Basketball Leagueのオーナー権を、もう一人のオーナーであるブライアンハンター氏に突然剥奪され、全ての権利と決裁権をなくしたとの報告を受けた事に伴い、日本人オーナー不在のリーグに参加する事は極めて不安要素が多すぎると判断した為です。

しかし、弊社としても、引き続き「目指せ世界基準」のテーマにそうような環境を、模索してまいります。
今後の動向については、決定しだい報告させていただきます。

なお、今年のNippon Tornadoes活動に参加を検討されてた方々には、この場をお借りして報告させていただきます。

Dream 7 Japan 代表 広瀬幹

2014年1月18日、19日にJapan Basketball Academy主催の第7回JBAオールスター(もう一つの大会)にTornadoes Academyが参加しました。

JBAオールスターには、トルネード戦士からもたくさんの賞品提供がありました。

それぞれ、Tornadoes Acadmyの子どもたちにメッセージも書いて頂いています。

ありがとうございます。


詳細はJapan Basketball Academyのwebsiteへ
http://www.jbadreams.com/news/2014/02/7jba-1.html



DSCF1836.JPG

DSCF1838.JPG DSCF1839.JPG
早川大史選手からサイン入りスエット(でかい。。。笑)
奥本友人選手からサイン入りユニフォーム。
片岡大晴選手からサイン入りリバーシブル。
大山裕太郎選手からサイン入りバッシュ。

久山智志選手からサイン入りリバーシブル。
伴晃生選手からサイン入りバッシュ。
伊藤邦茂選手からサイン入りユニフォーム。

DSCF1845.JPG
飯島康夫選手からサイン入り飯島康夫オリジナルお酒。




今年のIBL All StarメンバーにHikaru Sasaki選手が選出されました。

選出方法は、各チームのヘッドコーチ陣の投票によるもので、得点だけでなく、それぞれのチームに対する貢献度も見ながら選ばれます。

佐々木選手 おめでとうございます(*^◯^*)

http://www.ibl.com/all_stars.php

第一べリングハム07.jpg

Nippon Tornadoes 91 - 112 Salem Sabres


Box Score
http://www.ibl.com/box_score.php?gameid=4143

Schedule & Roster
http://www.ibl.com/nippon_tornadoes/

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちNippon Tornadoesカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはNEWSです。

次のカテゴリはTornadoes Jr.です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ