A-Tornadoes通信 号外

| コメント(0) | トラックバック(0)

A-Tornadoes通信 号外

 

何かと銀座の街を騒がせた栗原正峰個展ですが、9月1日、大盛況のうちに閉幕しました。

個展会場に足を運べなかった方のために、ATornadoes通信号外としてレポートさせていただきます。

 

IMG_1150.JPG

 

こちら、画廊入り口です。

 

IMG_1151.JPG

入り口横に展示されている作品。

かなりの迫力。

 

IMG_1153.JPG

 

びっくりさせようと思ったのですが、反応はいつもと変わらず...

ちぇっ。

画廊の中とは思えない、アットホームな雰囲気です。

 

IMG_1152.JPG

 

まずは名前を書いて...

あ、横に置いてあるのは、シアトルでクリスさんに翻訳してもらった名刺ではないですか!

 

IMG_1154.JPG

 

Nippon Tornadoesからのお花も。

 

IMG_1156.JPG

 

愛用の筆も見せていただきました。

 

IMG_1161.JPG

 

栗原正峰とゆかいな仲間たち。

 

 

撮影の許可をもらって作品を撮らせていただきました。

正面からのショットはありませんが、ご了承ください。

 

IMG_1160.JPG

 

  

IMG_1162.JPG

 

  

IMG_1163.JPG

 

 

IMG_1164.JPG

 

 

IMG_1165.JPG

 

 

書の専門家ではないので専門的なことは言えませんが、観る人に挑戦的な書と言えます。

なぜならその人の感受性が問われるから。素直に感じることができるかどうか、が鍵です。

プラス、その作品との相性というのもあるなと思いました。

この書はずーっと観ていたい、こっちは観ていると気持ちががさがさする、みたいな感じ。

いずれにせよ、心が動かされているという証拠です。

 

栗原正峰、命削って書いてますので、今回の個展で寿命が500歳くらい縮んでいると思われます。

ただ、今回画廊に足を運んでくださった方々から溢れんばかりの「愛」をいただいたそうなので、

軽く700歳は寿命が延びていることでしょう。

 

この個展が栗原正峰の新たなステージへの一歩になったことは間違いありません。

「世界平和」を口にして憚らない、海外に日本を、書を紹介したいという想いは益々深まったはずです。

そのことを感じさせるに十分な初個展でした。

今後の活躍に乞うご期待!

 

以上、栗原正峰初個展レポートでした~

 

A-Tornadoes emi

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dream7-japan.com/mt/mt-tb.cgi/70

コメントする

このブログ記事について

このページは、dream7-japanが2012年9月 2日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「A-Tornadoes通信vol.2」です。

次のブログ記事は「A-Tornadoes通信vol.3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ